PR Times on July 02 2020



株式会社Glotureのプレスリリース(2020.07.02)
報道関係者各位
株式会社Gloture
【新商品】スマホでプロカメラの操作感 Pictar Pro カメラグリップ【ワイヤレス充電/ビューファインダー/コールドシュー/三脚に対応】をGLOTURE.JPで販売開始
スマートフォンをプロフェッショナルなカメラにアップグレード!
株式会社Gloture (本社:東京都港区、
代表取締役:CHEN JUNYI) は、
「Pictar Pro カメラグリップ」を自社のECサイト(GLOTURE.JP)にて販売開始いたします。

商品ページ
https://gloture.jp/products/pictar-pro-smartphone-camera-grip


スマホでプロカメラの操作感を実現。
三脚やライトも取り付けられるPictar Pro


Pictar Proはスマートフォンに取り付けるだけで、
まるでコンパクトデジカメで撮影しているかのような操作感を実現するアクセサリーです。

しっかりとホールドして撮影ができるため、
旅先でスマホを落とすリスクの予防にも最適。
別売のカメラライトや三脚にも固定できる構造のため、
スマートフォンのカメラの表現力を引き出すことが出来ます。
Pictar Proはスマートフォンにもデジタルカメラの操作性を求めるモバイルカメラマンに向けて開発されました。

タッチパネルを備えたスマートフォンでシャッターボタンを実現するために、
Pictar Proは画期的な超音波 通信技術と専用アプリを搭載。
ズームや露出補正をタッチ操作ではなく、
しっかりとしたホイールやボタンで微調整できます。


主な特徴


● ワイヤレス充電に対応(ワイヤレス充電はPICTAR PRO Chargeモデルでのみ利用可能)
● 取り外し可能なビューファインダーにより、
明るい状況でも鮮明な画面を表示
● マルチステートシャッターボタン(フォーカスおよび露出ロック/シャッターリリース)
● スマートホイール(アプリモードセレクター)
● 調整可能なズーム速度制御を備えたロッカーズームスイッチ
● セルフィーボタン(フロントカメラ/リアカメラの切換え)
● 露出補正ホイール
● 1/4インチ ネジで三脚に固定可能
● コールドシューマウント搭載でカメラ、
ライトなどを固定可能
● 超音波デュアルトーン高周波システムで通信
● 取り外し可能なリストストラップ
● ソフトキャリングケース
● 人間工学に基づいた丈夫なサテン仕上げの真鍮ボディ
● 幅広い互換性を備えたスマートフォンホルダー
●「シャークスキン」の滑りにくいラバーグリップ
● プロレベルの機能とモードを含むPictarアプリ
● 取り外し可能なリストストラップ


画期的なスマートフォンアクセサリー、
Pictar Pro


Pictar Proは、
iPhoneとAndroidに簡単に接続できるカメラグリップです。
画期的な超音波 通信技術と専用アプリでスマートフォンカメラをこれまでにない方法で制御できます。

またマルチステートシャッターボタン、
ズーム、
露出補正ホイール、
スマートホイールを使用して、
スマートフォンのカメラ機能を最大限に活用できます。


撮影中のスマートフォンの落下対策に/手袋をしながら撮影可能


人間工学設計の「鮫肌」パターンのグリップにより、
撮影中にしっかりと握りながらシャッターを押すことが出来ます。
また、
グリップで安定させることでブレが減り画像の鮮明度を大幅に向上させることができます。

ズーム操作、
シャッター操作はホイールやボタンで実装されていますのでスマートフォンと異なり、
手袋を装着したままで写真を撮影することもできます。


高い拡張性


本当に良い写真を撮るには、
三脚や外部照明などのツールやアクセサリーを使用する必要がある場合があります。
たとえば、
グリップの下部にある三脚ソケットは、
1/4インチのネジで任意の三脚に接続します。
コールドシューマウントは、
プロの照明アクセサリー、
マイクなどに対応しています。

Pictar Proは高解像度が進むスマートフォンのカメラモジュールの性能を最大限に引き出すアクセサリーです。


超音波による画期的なワイヤレス通信


Pictar Proは高音域(18,500~20,000kHz)を利用して、
スマートフォンと情報をやり取りします。


取り外し可能なビューファインダーにより、
明るい状況でも画面を鮮明に表示


Pictar Viewfinderをグリップの後ろに取り付けるだけで、
Pictarアプリは接続を即座に認識し、
画面に表示される画像をビューファインダーのサイズに縮小します。
ファインダーレンズは晴れの日でも鮮明な視界を可能にします。


ワイヤレス充電に対応し、
ワイヤレスでスマートフォンに電源供給


バッテリー容量を気にすることなく撮影に集中できます。
PICTAR PROにはワイヤレス充電が搭載されており、

内蔵の充電式バッテリーでワイヤレス充電対応スマートフォンを充電できます。
グリップの上部にある両方のコントロールを同時に押すと充電が開始されます。

ワイヤレス充電は、
Pro Chargeモデルでのみ使用できます。


人間工学に基づいたサテン仕上げの真鍮ボディ。

クラシックカメラのルックアンドフィール


Pictar Proの軽量でありながら頑丈な真ちゅう製のボディは、
昔ながらのデジタル一眼レフと同じように染色仕上げされています。

高品質の「シャークスキン」ラバーグリップを備えたPictar Proは、
片手操作でも安定します。


高画質を実現するPictar専用アプリ


PICTARアプリは、
あらゆる場面でより良い写真を実現するために開発されました。
撮影に慣れていない方でも、
多数のカメラモード(フィルター)を 選択することで最適な1枚を実現。

また、
撮影に慣れた方は以下の強力な機能を使用してこだわりの一枚を撮影できます。

【AndroidとiOSで利用できます】
Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.maatayim.pictar


iOS
https://apps.apple.com/jp/app/pictar/id1149825001

【プロフェッショナルな機能】
マニュアルモードにすることで、
スマートフォンでも下記の調整が可能になります。
すべての写真要素を最大限に制御するための幅広いプロフェッショナルな機能を提供します:
シャッター、
ISO優先モード、
ホワイトバランス、
露出補正、
TiffとRAW形式、
ヒストグラム、
グリッドとレベルのインジケーター、
分割フォーカスと露出ポイント 


便利なキャリーケース付き


キャリーケースによってスマートフォンを保護。


ラインアップ


ワイヤレス充電対応モデル「Pictar Pro Charge」、
非対応モデル「Pictar Pro」の2モデル展開です。


製品仕様


互換性のあるスマートフォン


詳細はリンク先をご確認下さい。
 
https://compatibility.pictarworld.com/products/pictar-smart-grip


PICTARについて


私たちは写真ビジネスのエキスパートであり、
カメラバッグ、
ストラップ、
スタジオ機器の設計で世界をリードする企業で20年以上の経験があります。

カメラを専用機器として使用する代わりに、
人々がスマートフォンでカメラを使い始めたとき、
私たちは従来の写真の危機に気づきました。
デジタル一眼レフと従来のカメラの売上は減少しスマートフォンだけで新世代が成長していました。

誰もがスマートフォンで写真を撮りますが、
人々はその制限に不満を感じていました。
スマートフォンを適切なカメラデバイスに進化させる必要があることに気づき、
Pictarが誕生しました。


Glotureについて


株式会社Gloture(グローチャー)は近未来のライフスタイルを提案するショップ「GLOTURE.JP」を運営しております。


販売ECサイト


株式会社GlotureのECサイト「GLOTURE.JP」にて本製品「Pictar Pro カメラグリップ」を本日より販売しております。
下記のURLよりお求めください。


https://gloture.jp/products/pictar-pro-smartphone-camera-grip


販売価格(全て税別表記)


PICTAR PRO   ¥19,800 
PICTAR PRO CHARGE(ワイヤレス充電対応)  ¥24,800 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=32456&release_id=568

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000568.000032456.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社Gloture
Email : pr@gloture.co.jp


発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.