PR Times on September 02 2020



株式会社Glotureのプレスリリース(2020.09.02)
報道関係者各位
株式会社Gloture
★新商品★ 多目的に使える究極の真空パック DR. SAVE Plus ドクターセーブプラス【食品・ワイン・衣類・衣類・旅行・薬の保存・カメラの防カビ】をGLOTURE.JPで販売開始
旅先にも持ち運べる便利な真空パック システムが登場!
株式会社Gloture (本社:東京都港区、
代表取締役:CHEN JUNYI) は、
「DR. SAVE Plus(ドクター セーブ プラス)」を自社のECサイト(GLOTURE.JP)にて販売開始いたします。

商品ページ 
https://gloture.jp/products/dr-save-plus



 

  • 画期的な真空パックが登場!

DR.SAVE Plus(ドクターセーブプラス)は多目的に使うことができる、

真空パックの進化形です。


食品だけではなく、
ワインの保管や衣類の圧縮、
さらには薬やカメラレンズといったカビ付着を予防したいアイテムに活用いただけます!
● 食品の鮮度を保つ。

● 衣類を圧縮。
持ち運べますので旅行・出張にも使用できます。

● 飲み残しのワインの保管。

● 防カビ用途に。

 

  • 片手で持てるハンディな真空機器

DR.SAVE Plus(ドクターセーブプラス)は片手で持てるコンパクトサイズ。

単三電池で駆動してバッグ内の空気を吸引します。

動作音が静かですので周囲を気にすることなく使用できます。

 

  • 真空保存で食品の鮮度を保ちます

Dr.Saveを真空バッグのバルブの上に載せ、
スイッチを押すだけ。
バッグ内の空気をぐんぐん吸い出します。

 

  • 衣類の保管スペースを節約!

付属のトラベルバッグを使うことで衣類の収納にも活用できます。

【旅行・出張にぜひお役立て下さい。

 

  • ワインの鮮度をキープ!

付属のワインセーバーキャップを使えば、
空気を抜くことで飲み残しのワインを長持ちさせます。

更には!お持ちのフードバッグや、
真空保存容器など、
吸引バルブの直径が25mm以下の場合は使用できます。

※一部合わない形状のものがあります。

 

  • その他、
    防カビ用途に

薬の保管、
カメラレンズの防カビなどアイデア次第で様々に活用いただけます。

 

  • アルカリ単三電池で動きます

省エネ設計により約120分間も動作します(販売代理店 調べ)。
とても経済的です。

 

  • 製品仕様

 

重量  本体:142g(電池含まず)
商品サイズ 本体:約11×5×5cm
材質 本体:ABS樹脂 ゴム 真空バッグ:ポリエチレン・ポリプロピレン
耐熱温度 -30~90℃(真空バッグ)
個装形態 個装箱入り
生産国 台湾
セット内容 本体・トラベル用バッグL(50×70cm)S(40×60cm)各1枚
食品用バッグ(34×26cm)10枚
ワイン用ワインセーバーキャップ2個
スライダー1個 ・電池別売り(アルカリ単三電池3本使用)

※ 食品検査証明書取得済み


ご注意


真空バッグは冷凍庫に入れても大丈夫です。

湯煎する場合は、
バッグについているバルブから お湯が入らないようにしてください。

ジュース、
スープ等液体のものには不適です。
食洗機不可


Glotureについて


株式会社Gloture(グローチャー)は近未来のライフスタイルを提案するショップ「GLOTURE.JP」を運営しております。


販売ECサイト


株式会社GlotureのECサイト「GLOTURE.JP」にて本製品「DR. SAVE Plus(ドクター セーブ プラス)」を本日より販売しております。
下記のURLよりお求めください。


https://gloture.jp/products/dr-save-plus


販売価格(全て税別表記)


¥4,980

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=32456&release_id=706

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000706.000032456.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社Gloture
Email : pr@gloture.co.jp


発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.